まちの大学 KAMAKURA

NEWS

お知らせ

ダーニング 講座 : 衣類の 修復と見立ての手習い 開講します

静かに作業することが中心の講座です。限定12名の募集になります。

【講座内容】
フード学部は、食について新しい角度から学び、社会を味わう学部です。海と山に囲まれた鎌倉の食文化を再発見しながら、今の暮らしをより良く、またもっと住んでいるところが好きになるようなきっかけづくりをサポートしています。

収納の奥で捨てられずにねむらせているお気に入りの衣類はありませんか?ひっかけや虫食いなどで穴があいてしまった、ワインをこぼしてシミになってしまった、お気に入りゆえ使い込みすぎて布地が薄くなってしまった… そんなちょっと気になるところを繕い、新たな命を吹き込む「ダーニング」で、ものを慈しむ時間を心ゆくまで楽しみます。

それぞれの衣類にあった進め方をプロからアドバイスを受けながらマイペースに作業を進めます。身の回りの衣類に手を加えてよりよく暮らす、サステナブルな術(すべ)を学びましょう。

【こんな人におすすめ】
手仕事が好き、服が好き、黙々と作業するのが好き、捨てられない性格だ、サステナブルに暮らしたい、ダーニングマッシュルームを持っているけど使いこなせていない、天然素材に興味がある、コロナ禍でも安全に人と繋がる場所が欲しい、モンゴルが好き、仲間が欲しい、住んでいる場所をもっと好きになりたい人向け。

【ご用意いただく物について】 
・手入れしたい衣類  3点ほど 破れ、しみ、うすくなってしまった部分のあるもの。数は目安です。修繕部分の大きさや布地、個人のスピードによって変わります。
・ダーニングマッシュルーム(おたま、電球などでも代用可)1個

【プロフィール一覧】
講師:
鷲尾加矢子

東京都文京区生まれ、神奈川県鎌倉育ち。保育士、OL、大学職員、販売業などを経た後、趣味である着物の勉強をするために京都造形芸術大学にて染織を学ぶ。2002年よりジョリー・ジョンソン氏に師事し、フェルトメイキングを学ぶ。個展を開催しながら、オーダーメイドの受託制作をしている。羊毛の聖地モンゴルへのツアー企画も行う。